子供の英語学習方法は、大人の英語学習と違います!

7月 08, 2011 :: Posted by - Wilson Cham :: Category - ブログテーマ《子供英語》のリスト2012-07-02 2012-07-02

子供英語の勉強のノウハウ英語学習の必読書、<英語上手子供の母が作る>英語の勉強法をお勧め日本だけ英語の勉強に多くの時間とお金を投資した国があるか? 親が子供英語の勉強に毎月多くの費用を支払っているが、実際の子供の英語力は、思ったほど多く増えないのが現実である。

小学校英語教育の専門家である<山下>先生が<6歳から小学校6年生までの英語上手子供はお母さんが作る」というタイトルの本を出版して「子供英語の勉強ノウハウ」を紹介してくれている。

子供の英語教育に関心が多い親たちなら是非一度お読無事を勧める。

■子供英語の勉強学習ノウハウ、子供英語は勉強こうしろ。

英語を身につけさせてください七歳の子供が一般幼稚園に通って週に三回、午後に英語幼稚園に来て英語を学ばせています。

まだ幼くアルファベットをよく知らないので、当然のことながら読んで書くことは不可能です。

一日にアルファベット1文字ずつ紹介してくれれば、それをノートに書くのに精一杯だ。

子供たちの英語の授業はほとんど歌、童話を読む、学習、遊びになる。

面白いのは、子供たちがJump up highと文字を読み書きはできないが、「ジャンパパイ」という声が「高く走れ」という意味だとを知っているだろう。

英文法に複雑に説明しなくても子供は経験を通して、その言葉の意味を知ったのだ。

子供たちは経験を通して英語を学ぶ。

大人のように学ばなければならなので学ぶことはなく、面白??いから学ぶこと。

体を動かし遊べるながら歌いながらドキドキドキドキプレー勝手に絵ももろもろ直接触ってみて感じながら楽しさを感じながら学ぶことは、英語ではないと長い間頭に胸に残るだろう。



■英語学習の答えは繰り返しである。

反復学習、一つの内容を複数の活動に繰り返してください。

子どもたちや大人や人々は繰り返し行うことで言語を学習する。

単語をノートに二十回書きながら覚えというわけではない。

単語の意味やスペルを知っているだけでは意味がない。

英語の単語を適切に使用できるようにする、実生活で何十回繰り返し聞く話し読み、書く活動が必要である。

繰り返しは、運動選手に基礎体力トレーニングのようなものである。

しかし、単純な一つの活動を繰り返すことは楽しみがない持続することができない可能性が多い。

繰り返しの核心は、一つのコンテンツを複数の活動を通じて繰り返すことにある。

形状カードの作成、形状のカードを見つける、失われたカードを見つける、商品の形状に言えば、単語カードと形状カードフィット、同じカードを見つける、形に関する童話を読む、ミニブックを作成する、ビンゴゲームに、形状に関する単語を書くようにこのように一つの内容をいくつかの方法を使用して反復学習をさせると、子供たちは、自分が同じことを繰り返していると考えていない、楽しく学習する。

■英語の文章は意味の塊(chunk)で読む練習をさせて下さい。

英語の文章をしっかり読むのは「意味の塊(chunk)」との言葉をまとめて、その塊の間にちょっと止まってくれて文章を読むということだ。

意味の塊に分割することによって読むことは読解力の向上と話すためにも重要である。

TOEICのスピーキングや国家英語能力評価(NEAT)のスピーキングなど様々な語学試験で「意味の塊に切断話す」が流暢を判断する重要な採点項目に記載されものである。

子供たちに意味の塊に分割することによって、英語の文章を読む習慣をどのようにと育て与えることができますか? 英語の本を読む前に、内容のCDを何回か聞かせてくれた次の子供が内容をどのように理解することを確認する。

次にCDを聴きながら本を読む。

長い文章はCDを聞きながら意味トウオロの間との間にスラッシュ(/)を打って言葉をまとめてみる。

例)Tom walked to the chair next to the new girl、sat down and opened his book。

(意味の塊に切断読む)Tom / walked to the chair / next to the new girl、/ sat down / and opened his book。



■英語のみ教えずに英語で社会、科学、数学を教えなさい英語没入教育(English Immersion Program)は英語を使用して、他の教科を教えるものである。

つまり、英語で社会、科学、数学などを教えて英語の実力も増やし教科の知識まで習得させるものである。

修能、、TEPS、TOEFLのなどの英語認定試験で、社会、歴史、科学関連の指紋が多く出題されているため、各分野にの勉強を英語にした子供たちは、英語認定試験で良い結果を得ることができる。

TOEFLの読み取り問題を見れば、歴史、生物学、化学、地球科学、音楽、芸術、考古学などに関する内容が主をなしている。

今後、大学で専攻に関連する英語願書にされた専門書籍を読むことも、英語で社会、科学関連書籍をたくさん読んだ子供たちは、より優れた成果を示すことが明らかである。

英語教育の専門家ではなく、母親が家で英語を教えるが大変だと考えることもできる。

しかし、十分にすることができる。

例えば花の種を植えた後、葉が出幹が育つのを見ながらroot(根)、stem(茎)、leaf(葉)という言葉を身につけることができる。

赤と黄色の絵の具を混ぜて(mix red and yellow)オレンジ(orange)を作成しながら色について教えることができる。

世界地図を置いて、東西南北(east、west、south、north)の概念と国の名前を知らせることができる。



■英語の勉強は毎日しなければならない。

毎日、1日30分重要である。

他の科目も同じだろうが、英語は毎日の学習することが重要である。

言語は機能である。

一日中日本語一言なくて散水がありますか?一日を抜くと、英語力の向上を期待するのは難しい。

毎日30分ずつ一定の時間を決めておいて子供たちと英語の勉強にしてみよう。

最初は1時間以上の英語の勉強をしていない方がいい。

子供たちが集中できる時間が短いため、長い教えてむしろ逆効果を持って来る。

毎日教えるが困難な場合は、週に3回ぐらい時間を決めておいて、英語のビデオや放送を子供と一緒に見る6。

図絵本で英語童話の世界を開いてあげなさい、英語を初めて学ぶ子供のために動画を選ぶときは、何よりもした二つの文章が繰り返されるか確認する必要がある。

ように子供が本を読む過程で表現を簡単に身につけることができる。

Leave a Reply


Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans