Press "Enter" to skip to content

薬は毒なのです

ガンを発病せずに天寿をまっとうすることができれば

薬など脊椎分離症
なぜなら今後、それぞれの階層でいまの食生活が「習慣」として受け継がれていくからです中高年になって、親と同じ病気を発病する人はとてもたくさんいます。糖尿病、高血圧、心臓病、そしてガそうしたときに「親もガンだったからしかたないよ。うちはガンの家系なんだよ」という人がいますがそんなことはありません。遺伝的要素がゼロだとはいいませんが、最大の原因は、親が病気になった原因であ「習慣」を受け継いでいることにあります子供は育った家庭の「習慣」を無意識のうちに刷り込まれて育ちます。食べ物の好み、調理法、生活のサイクル、価値観などは家庭によってそれぞれ違いますが、同じ家で育った親と子ではとてもよく似ています。

薬を飲もうとしないことも考えられます

つまり、子供が親と同じ病気を発症しやすいのは、遺伝子として病気の原因を受け継いだからではなく、病気の原因となった生活習慣を受け継いだ結果なのですよい食材を選ぶ、よい水を選ぶ、規則正しい生活をする、薬は極力飲まない、そうした体によい習慣を受け継げば、子供はそれほど苦労をせずに健康を維持しつづけることができます。しかし逆に、酸化した食物を平気で食べる、ミネラルウォーターを買ってまで飲むことはしない、具合が悪くなるとすぐに薬に頼る、不規則な生活をする、そうした体に悪い習慣を受け継ぐと、子供は親よりもさらに不健康になってしまうでしょうこのように、「よい習慣」も「悪い習慣」も、次世代に受け継がれます。小さいころに、親から「牛乳は体にいいから毎日飲みなさい」といわれて育った子供は、それを信じて飲みつづけるでしょう。そして、大人になったときには健康を害してしまうのです。ですから私たちは、自分がいまどのような習慣をもっているのか、きちんと見極めてから次世代に手渡す責任があるのですそれはよい習慣なのか悪い習慣なのか習慣は遺伝子を書き換える年齢を重ねれば重ねるほど、身についた習慣を改めるのはむずかしくなります。

 

健康法などで盛んに食事の大切さをクイズ番組などで見せていますが

及ただし、これらの実験データはあくまで試験管の中の結果です。クレメジンは人である程度、結果が出ていますが、キチン、キトサンが本当に人間の体内でAGEを吸着してくれるかどうかは未知数です。アレルギーの問題もあります。カニやエビの殻がいいからといって、甲殻類にアレルギーのある方には、毎日食べられるものではありませんし、もちろん使えません。人間で効果が立証されているクレメジンも、GEの治療薬として認められているわけではあり-アカルボース10097投与後の日数図13治療薬アカルボースによる心筋梗塞の発症抑制効果アカルボースとプラセボを与えて、心筋梗塞の発症例を調べたより)。あくまで重い腎臓病の患者さんのための治療薬ですから、す薬としては使えません。いまのところ食べてしまったAGEを減らやはりAGEはなるべく口から入れないほうがよい。

病気ですことに
高温で加熱したものや焼き色がついた食べ物ばかり好んで食べることはしないようにしたほうがいいでしょう。?ブドウ糖の吸収を抑える薬クレメジンやキチン、キトサンは、口から食べてしまったAGEを体外に出す働きをする物質でした。り外からとりこんだAGEをそのまま外に出してしまう方法です。一方、体内でAGEがつくられるのをブロックして、それ以上AGEを増やさないという方法もあります。内科の臨床の場では、こちらのアプローチでつくられた薬がいくつかあります。

 

その幅広さに哀しい想いをします精神科での投薬は

ある日、これを包んでくださいとお願いしたものは、なんとアイスクリームで、いくらなんでもそれは無理ですと断られた逸話まで残っています。東芝の社長だったにもかかわらず、エアコンもつけていなかったという話や、をしていたことなど、話題は尽きぬ程あります。もちろん電車通勤いつでしたか、響いたそうです。テレビで紹介された日常生活は大変な反響と共感を呼び起こし、私もこの番組を見て、番組放映中から電話が鳴り大感動した一人です。夕食にメザシ一匹と梅干、キャベツの外側の葉、それだけだったのです。

薬やEPAエイコサペンタエン酸剤

私は外で食事をしたときに、残ったパンなどはいつも持ち帰りますが、るとき、連れの方が「スズメにあげるそうです」と一言添えます。お店の人に包んでくださいと依頼す氣遣いを有り難いとは思いますが、どこか、これは食べ物に対する冒涜だと感じます。残した食事を持ち帰ることを恥じるようなところが感じられ捨ててはいけません。当たり前のことを、両親が子供たちに見せなくてはいけないので私はお台所の排水も、夏場は捨てずに庭に撒きます。こうすることで、温度も下がりお水撒きもできると-世界に誇る日本人の美学お経団連の名誉会長だった土光敏夫さんが、料亭での食事を残すと必ず持ち帰ることは、有名な話です。