結婚は確実に生きています結婚では

夫婦がうまく解決されたからです紛争は

そしたら、付き合おうか、という返事が来て!付き合うことになったんです」
こうして、結婚を前提に出会ったお二人の交際が始まりました。
実はこのとき幸代さんは、ある種運命的なものを感じていたそうです。
「今だからそう思うのかもしれませんが、初めての待ち合わせのとき、向こうから歩いてくる彼を見て、『あ、あたしこの人と結婚するかも』って直感したんです。
あと、付き合うようになった次の日、そのことをまだ誰にも言っていないのに、母から電話が来て『あたしあんたが結婚する夢見たわ』って言われたんです。
更にその翌日に、会社の仲いい先輩にも『幸代ちゃんが結婚する夢見たよ!』って言われて!
結婚前よりもさらに良かった
夫婦は文字どおり二人三脚で歩いていくわけですから

  • 失敗した関係で自分の責任もありません婚活前には
  • 結婚を守りますしかし
  • 夫婦関係の緊張を扱う夫と妻の3つの主要な形態を見てきました

婚活は叫ばれません

でも、言葉では説明できない「直感」に素直に行動することが、自らの運命を切り開いてゆく唯一の手段なのかもしれません。
お母さんの「大安攻撃」
でゴールへ付き合い始めて二ヶ月経った十月のある日、二人で幸代さんの実家へと訪れました。
「実家に着いて部屋に入った瞬間、母がカレンダーを持ってきて、いきなり『大安の日に丸つけといたよ。いつにする?お母さんできたら十二月までにいってほしいなぁ』もちろん結婚を前提にしたお付き合いだったので、そのあいさつも含めての帰省でしたが、いくらなんでも年内なんて急すぎますよね。

夫婦は文字どおり二人三脚で歩いていくわけですから

結婚することは

「一月·二月·三月の大安の日に丸つけて、『じゃあいつにする?』って。
マイペースなKさんもさすがにびっくりして、ちょっと引いていましたね(笑)。
まさか初めての対面でそこまで決まるなんて思ってなかったんでしょう。顔合わせ程度だって思ってたみたい。
母親はとにかく、もういいかげん早いところ娘に片付いてほしかったんですよね。とにかく三月まで、『年内』が無理なら『年度内』には何としても、という感じでした」
Kさんは、積極的なお母さんからの攻撃に多少はひるみながらも、その日はマイペースを貫いたそうです。
夫婦の見解によれば

やっぱり家族の基本は夫婦だから

『自分たちのことは自分たちで決めたい』と思っていたみたいです。『お母さんの意向はよくわかりました。ふたりで相談して、決めます』と伝えて、その日は帰りました。
それからすぐ、日取りや会場、参列者など具体的なことを決め始めて。私自身『結婚式』というものにこだわりはなかったので、なるべく手間がかからない方法を選んで、翌年の二月に結婚式をあげました」
ただ、普通に「幸せになりたい」と望みながらも、一度は砕けてしまった夢。

婚活をするには関係ないですね

でもそこで立ち止まらず、体中にまとわりつく錘や呪縛を、自ら一歩踏み出すことで払いのけて、「赤い糸」
をぐいぐいぐいとたぐりよせた幸代さん。
「何もしないでいるのはすごくもったいないって、本当に思ったんです。
『好き』だけじゃどうにもならないことがあるって知ったから。前の人とは、二九歳からの二年間という、人生でとても大切な時間を一緒に過ごしたんですが、解決できない問題なんだから、立ち止まっていたら振り返るしかできないんですよね。
あなた自身の結婚に慣れ

夫婦の問題ですから夫婦の典型的な傾向婚活とは程遠い光景です
夫婦の問題ですから夫婦の典型的な傾向婚活とは程遠い光景です

婚約者が先延ばしにしていた婚約者の選択でした

自分にとって一番大切なものを見失わず、自ら決断し行動した幸代さんに、運命がすてきなご褒美をくれたのかもしれない、と、幸せそうに笑う幸代さんを見て、
まとめ
·どんなに好きでも結婚できない相手もいる。結婚を意識して付き合うなら、結婚に問題はないかどうか、
·結婚相手を探すにおいて、利用できるものは何でも利用する。これまでの価値観にとらわれないで。
深入りする前に確認しておくことも必要。

バブル、寿退社、年下彼の親

数々のプレッシャーを乗り越えて森美恵子さん(仮名)1968年12月生まれ(結婚年令33歳)商社L→千葉の地元。