結婚には良いことではありませんそれは

結婚に良いカップルはお互いをよく見せなければならない

このままじゃ本当に生活が破綻してしまうから、決着をつけるために、三度、マレーシアへ向かいました。この四五日で、何があっても決めてこようと思ったんです」
三度目のマレーシア滞在。
その結果Cさんを日本へ連れてくることになりました。
「なんかもう、それ以外の選択肢が見つからなくて。
この人ともう会えない、二度と一緒にいられないことが考えられなくて、気がついたら、その答えが出ていました」
その選択はつまり、十年間を共に過ごしたBさんと、決別することを意味するわけです。
結婚には良いことではありませんそれは

夫婦の長期的な調査

「理想的な生活」を送っていた相手であるBさんと別れて、三回しか会ったことのないCさんを選ぶということです。
それについて、どのように考えていたのでしょうか?
「正直、自分でもよくわからないんです。そのあたりの自分の精神構造が。
Bと一生一緒にいる自分は容易に想像できる。
今の生活は崩したくないと思っていたし、じいさんばあさんになっても一緒にお茶飲んでるふたりの絵をずっとイメージしていたのに、一方で、気持ちはに向かってとめどなく溢れてくるんです」
どうしてそんなにも、Cさんにはまってしまったのでしょう「十年間の『しっぺ返し』が来たのかな、と思いました。

 

夫婦の特性が他の人の本能を刺激するので

Bと付き合い同棲していた十年間、自分が『女』であることを封印していました。それが理想だと思っていたし、Bはその理想的な関係を築ける相手だったので、私も安心して自分の『女』という性を封印できていたんだと思います。
でも、封印しても、私の中の『女』は、なくなっていたわけじゃないんですね。自分の中に、ちゃんと存在していたんです。
十年間封印されて押さえつけられていた『女』としてのあらゆるものが、cと出会ったことで一気に決壊して、とめどなく溢れ出て、自分の気持ちを抑えることができなくなったんじゃないかと今は思います」
Cさんを日本に連れてくることを決めてからは、怒涛のような日々が続きました。
夫婦の相互利益と利益を豊かにし婚活を沈黙させるために最も決定的な2人の仲間であった渡航のための手続き。日本での住居探し、職探し。事務手続きに追われる中でも、鏡子さんは非常に重大で深刻な覚悟に迫られていました。
そう、Bさんとの決別です。
Bさんとの別れについてお話を聞いたとき、鏡子さんは言葉を詰まらせ、目には涙をにじませていました。
TBと別れるなんて、全然現実的じゃなかった。
でも実際問題としてCが日本に来るから、Bと一緒に住むわけにはいかない。
そのことをBに伝えて、私は家を出ました。

    1. 婚約の最も画期的な研究は
    1. 婚活してよかった
    1. 夫婦がよく見える

夫婦の夫と過酷な扱いをしている夫婦

話をしているとき、『仕方ないんだよね』と言いながら、Bが消えてなくなってしまいそうに見えたことだけ、今でも覚えています」
それからCさんを日本に向かえ.Cさんの在留資格のために、鏡子さんは「入籍」。
それから一年が経ちました。
「今の生活に、自分の「理想像』はありません。
私の理想-『入籍したくない』というのも、『お互い愛情がなくなったら一緒にいないほうがいい』というのも、『男女という性差にとらわれない関係でいたい』というのも、何もありません。
結婚は確実に生きています結婚では
夫婦に同行するように頼む

結婚を救うことができます私は結婚を救いましょう指輪と指輪

『何もない』ことが逆に、覚悟につながったような気がします」
収入もないし、才能も特にあるわけ十年間寄り添った理想的な彼と子どもを作る決心までしたのに、その巡り合わせは、体どんな縁なのでしょうか独身最後の旅先で出会った人と、理想とは全く違う結婚生活を送る。
「『縁』でも、というものが存在するのかどうかは、私にもわかりません。
人生に『もしも』はない。それだけが、今の私にわかることです」
そう話しながら鏡子さんは、少し頼りなげに笑いました。