Press "Enter" to skip to content

病気もあります

ガンを発病した人の大腸に異常が発見される確率は

薬が投与されることもあります
でも、私は自信をもって、断言したいと思います。「病気にならずに天寿をまっとうすることは可能である」もちろんそのためには、これまで続けてこられた食事や生活習慣を大いに改めてもらう必要がありますのようにいうとおよび腰になる人も多いと思いますが、心配は無用です。この本を読み終えるころには、おそらくあなた自身、その気になっていると、私は確信していますよく病気になってから、「なぜ、こんな病気になってしまったのだろう」と嘆く人を見かけますが、神仏が課した試練でも罰でもありません。自分が積み重ねてきた日々の悪い習慣の結果なのです元気な百歳になる方法あなたは健康ですか^この問いに本当の意味で「イエス」と答えられる人は、じつはそれほど多くはいないでしょう。それは「たんに病気ではない」ということだけでは健康とはいえないからです。

ストレスをためないようにする……まず心がけるべきは

東洋医学には「未病」という言葉があります。これは読んで字のごとく「まだ病気になってはいない」という状態を表す言葉です。つまり、健康とはいえないが、まだ病気になってもいないという「病気の一歩手前」の状態です。現在の日本人には、じつはこうした「未病」の人がとても多いのです。自分は健康だと思っている人のなかにも、慢性的な便秘や下痢、不眠症や肩こりなどに悩まされている人は少なくないはずです。

 

進めていきますそのうえで治療

そういう人が長老と呼ばれる人なのでしょうインディオもアイヌの人たちも、耕作をしない狩猟民族ですが、文字を必要としないのはそのこととも関係しているようです。農耕生活を成功させるためには、過去の天候や収穫高などの先例に照らし合わせて、つねに工夫を凝らすことが必須です。そのため、それら過去の経験や知識を記録するための文字が必然的に発明されると考えられます。収穫物を蓄えるようになれば、富の格差も生じ、また取引するための貨幣も生み出され文字もなく貨幣もない先住民たちの世界を、ただ単に進歩がない、文明がないと蔑むのはたやすいことでしかし、彼らは貧富の差もなく、心身に負担をかけない、無理のない生活を送っています。疲れると狩猟には行かず、何日間も食べないでいるそうで、「お腹が空かないのか」と聞くと、「食べなくてもいい。

検査心電図骨密度
いまは寝るほうが大切だ」と答えるそうです。楽しければ笑い悲しければ泣き、腹が立てば怒るという具合に感情表現は豊かですが、とか寂しいなどといった、ややこしい概念は存在しません。過去を引きずって後悔したり、ともないのだそうです。過去を気にしないので、だれも自分の年齢を正確に知りません幸せだとか不幸だ未来を思い悩むこ病気といっても、私たちの生活習慣病である血管障害などはほとんどないようです。もちろん感染症などで幼児死亡率は高いでしょうし、蛇や獣に噛まれたりして早死にする人もいるので、平均寿命は日本人より低いでしょうが、成人に達した人はかなり長生きで、百歳以上ではないかと思われる人もたくさんいるという話で現代人が失ったカンの大切さ南さんと話していて感じたのは、彼らインディオの人たちは、私たち日本人が失ってしまった人間本来のカのよさをいまだにもっていて、大自然のなかでのびのびと生きているということです。

 

そしてこうした検査内容は

青少年の過去20年(昭和60年度にわたる小学生の体力の変化をみると、立ち幅跳び、ル投げ、どの項目も男女とも現在が下回っています(平成16年度体力·運動能力調査/文部科学省)(1988年)で大阪府堺市の小学校のNHKの番組「学級崩壊」の様子が報道され、その実情は大反響を子どもが机の上をはだしで歩き回る、友達の頭を叩く、「先生おしっこ」の声に十数人が教室から出て行く日本の子どもたちが、いつからこんな事になってしまったのでしょう。学級崩壊というのは、勝手に教室を歩き回る、勝手に外に出て行く、ゴロゴロ寝転んでいる、泣き叫ぶ子勝手氣ままな振る舞いをする子どもたちがいて、暴れる子-要するに、正常に授業が進められない状況を身近に幼児がいない方はイメージが湧かないため、小学1年なら多少動き回り、先生の言うことを聞いていない、というのも「昔だってそうだったわよ」、と思うでしょうが、とんでもありません!ぷったり叩いたり、奇声を発したり、これは低血糖症の症状やADHDとも酷似していますいきなりキレて、昔のレベルと態度行動が比較にならないほど、異常なのです。限度を超えた言動です。経験豊かな教師のクラスが学級崩壊と化し、都市·農村部を問わず全国レベルで起きていることは、態です。学級崩壊のアンケート回答のなかから、一例ご紹介しましょう。「小学1年生の息子のクラスが、まさに学級崩壊でした。

治療を始めることが大切です統合失調症は

特に子どもたちの事は、母親任せというお父さんたちが多いものですが、もうそんな段階ではなく、日本人が自滅の域に入っています。ですから、お父さんたちに、ぜひ読んで欲しいと願います。父親、母親予備軍は言うまでもありません。子どもたちの事は、総ての責任です子どもたちが「低血糖症」の症状になっている身体的には、体温低下、成人病の増加、低血糖症、肥満、背骨グニャ、総合的な体力の低下一言で言えば、もうメチャクチヤです。手がつけられないといった感がありますどうしてマスコミは、この大問題を放っておくのか!テレビや新聞といったマスメディアはるのでしょう。日本の未来はどうなるのか。ここには、未来などありません。