Press "Enter" to skip to content

歯肉と二日酔いの朝の歯肉では

歯周病とは何かを知りましょう

長期的な計画なので気軽に始めるというわけにはいかないものです。矯正をするかしないかは別にしてとりあえず相談に行くというのも必要です。その相談の時期にも目安があります。子供の場合は永久歯が生え揃った頃です。だいたい小学校3$4年生が目安です。親知らずについて→新しい可能性親知らずはかなり個人差が出るところです。早ければ何度も痛みと腫れを繰り返すのでない方が楽だから20代前半で抜いてしまう人。

歯も補強が必要です

まっすぐに生えていたので虫歯にはならず80歳でも現役で使っていますという人。親知らずを元々持っていないという人もいるくらいです。で、よく聞くのは抜くか抜かないかという話題です。親知らずの生え方によって抜くのが大変な場合もあります入院で抜くような大変なケースもまれにあるくらいです。抜いた後、しばらく口が開けられない。おたふく風邪のように外から見ても目立つようくらい腫れてしまったということもよくあります。今は新しい治療法があって親知らずを移すという治療もあります。どこに移すのか?それは他の奥歯を失った時のスペアとして使うのです。これならインプラントをしなくてもいいですし、ブリッジにすることもなく使えますまだまだ行っている歯医者さんは少ないですが将来的にはどうなるかはわかりません。

 

定期的に装置の具合をチェック

入れ歯嫌いの歯科医のなんと多い事か一本無しからインプラントも可能ですが、全員に出来る訳ではありません。歯の苦労から解き放たれて楽になれるはずが、今度は歯無しの苦労が待ち構えています。「こんなはずでは」というわけです。冠、総入れ歯の患者さんというのは、1本の歯の小さなムシ歯治療からはじまって、歯、ブリッジ、部分入れ歯、総入れ歯と全ての治療の経験者です。神経治療、抜全国の総義歯名人と言われる有名歯そんな歯科治療の超ベテランでの総入れ歯患者さんの中には、科医を渡り歩いている方もいます。そんな皆さんとお話しのなかで共通している事があります。「歯を大事にしてくれる先生に総入れ歯を作ってもらいたい」「ハァー?ですか。意味が分かりませんか?
乳歯が並ぶ歯槽骨は

歯科医の役目だと思っています

そうですよね、治療する歯がなくなってしまったのに、「歯を大事にしてほしい」どういう事でしょうか?って今までの長い歯の治療経験から、歯を大事に扱っているか、丁寧に治療に取り組んでいるかで歯の寿命が変わってくるという事を身をもつて体験されている皆さんなのです。その経験からの言葉なのです。重症歯周病の歯でも丁寧に、精密に処置を重ねる事でよみがえる歯は沢山あります。技術的な部分も大事ですが、それ以上に、どのような気持ち、長年見てこられた結果からでた言葉と感じています。姿勢で歯科医が取り組んでいるかを白い歯、黒い歯ちょっと古いですが「芸能人は歯が命」なんていって、真っ白でキレイに整った歯並びが良いと考えられています。しかし、皆さんセラミックで作り直した人工の歯です。

歯ぐきを治療したところで

歯周病といってもその状態には差があります。肌年齢、脳内年齢という言葉を聞いたことはありませんか?お口の中にも口腔内年齢という目安があるのです。実際の年齢とどのくらいのギャップがあるかでつかい心地は変わります例えば40代でも歯周病の進行が早い人は50歳で入れ歯デビューという現実もありえます。実際に入れ歯を使い始める時というのは年を取ったなぁとしみじみと感じるそうです。患者さんにとって気持ちの上でもかなりショックが強いと聞いています。入れ歯は必ずしもお年寄りのものとは限りません一方で80歳でも歯周病は初期という人。動揺する歯はなくなんでも自分の歯で食べられます。同じ歯周病でもこのくらい差が出てしまうものなのです。

歯並びも予測できるとよく話しています

早くからかかりつけ医は見つけておいた方がいい理由がおわかりいただけましたか。歯石について→そのうち取ればいい歯石とはプラークが石灰化して固まったものをいいますプラーク歯垢とは歯の表面につくねばねばした白っぽいものです。食べかすの中で細菌が繁殖して作られるものになりますプラークはつきはじめのうちは柔らかいので自分で歯みがきをすれば落とせます。落としきれないプラークはだいたい2$3日経つと唾液の中の成分カルシウムと結びついてだんだんと固まってきます。この固まったものが歯石です。歯石になる前に自分で落とせればセーフです日のうち1回歯みがきをサボったくらいでは歯石にはなりません。