Press "Enter" to skip to content

歯ブラシでは歯垢の除去や

歯周病にかかっているかその兆候あり

しかし、多くの人々の経験と知恵を素材にして、私達歯科医療従事者が上手く調理して行けば、も歯肉ももっと長期間守って行ける事と思っています。歯ジャストフィットの治療と予防を-。医学の進歩は大変早く、医療技術は高度化しています。高度な技術、最新の治療法などがテレビやインターネットニュースで報道される事があります。再生医療の話題もよく取り上げられますよね。悪くなった臓器、ケガで失った体の一部が、移植に頼らず自分の細胞から再生出来れば、どんなに幸せな事でしょう。中でも、歯の再生は実用化が近いように思いますクルマやパソコンのように、自分の好みのパーツに交換できるかもしれません。チューニング人間や、自作パソコンならぬ自作人間ですね。でも、これって本当に進歩なのでしょうか?

始めは一本の虫歯または歯周病からです

歯をなくすと入れ歯やインプラント、ブリッジという人工の歯で補う事が出来ます。また、条件が良ければ、親知らずなどの自分の歯を移植する事もできます。しかし、すぐに人工物で歯を作れる事から、大切な自分の体の一部である歯を守ろうという気持ちが薄れているように思います。野生動物は、歯を失えば、それは死を意味します人類は頭脳と技術でこれを乗り越えましたが、自分の体を守ろうという気持ちも無くしてしまったようです。歯科医師からも、患者さんからも「どうせダメになるから、今のうちに抜いて入れ歯にした方が良い」とか「見通しの暗い歯は骨がやられないうちにインプラントにした方が快適」なんて話しをよく聞きます。本当にそうでしょうか?部品交換の様な医療が高度な医療とは思えません。

 

人の患者さんがいたら

マウスピース矯正の詳細についてはまた別の機会でお伝えできればと思います。マウスピース矯正インビザライン」の認知度と、られます。情報の少なさから、矯正治療はワイヤー矯正しかないと思っていて抵抗があって治療に踏み出せない方がまだまだいると考え私が矯正治療を始めたきっかけワイヤー装置に抵抗があってなかなか始められなかった大学時代。なかなか治療にふみ出せなかったからです。歯科の道に進むと決さて、矯正治療になかなか踏み出せない方の気持ちは身に染みてわかります。私自信も歯並びが悪かったのに、めたのはもうずっと前ですが、それから最近まで10年近く矯正治療を開始できませんでした。親が医歯薬関係の人が多く「小さい頃に矯正してた」という人も他の大学よ歯科の大学に入学して周りの子はみんな、男の子でさえも、きれいな歯並びの人が多い環境でした。り多いのかもしれません。大学在学中に、矯正をする人も多かったです。
そのため血圧が高い人は麻酔の際に注意が必要

う蝕噺蝕·うしょくとはされた歯はう

歯学部にいると矯正費用が割引になるという制度もあったのに、なんですぐ矯正しなかったのかというと。ひとつは、矯正治療の価値について、あまりピンときていなかったこと。小さい時から「八重歯がかわいいね」と良く言われていたし、矯正治療を今やる!という必要性を感じていませんでした。知識もなかったので、「今困ってないから」といってその時の自分のことしか考えていなかったのですね。相互実習というのが大学4年生から始まって、学生同士お互いの歯型を採り合う実習があります。

歯科医になりたての頃は歯科医として患者さんの

そこに病気の原因があるといわれても、自分のライフスタイルですから、思うのが普通でしょう。「大きなお世話だ!」と自分のプラーベートな部分を根掘り葉掘りきかれて、は、たまったものではありません。その上、ああしろこうしろと指示されるのでこういった指導というものは、私も大嫌いです。歯周病の様に、クスリで治らない病気の治療には、なのです。「自らを律する」ことが最高の治療法昔から名医と言われる先生は、ていましたよね。「診たてがいい」とか「先生の顔を見ると安心する」などと言われこれは、患者さんのプライベートな部分に無理やり手を突っ込む様なことをしなくても、診察の中で、あるいはちょっとした世間話や、受付などのスタッフさんとの会話などの中から、先生が先回りしてその患者さんのことを察知してくれていたからです。

歯周病患者さんの矯正治療

治療法の組み立て方も、患者さんの性格や家族構成などに配慮しながら設計してくれます。ると、顔を見ただけで安心できるのです。そうす現代医療は、数々の分野に細かく分かれ、高度化、複雑化しています。国が定める医療制度にも振り回され、じっくり患者さんの顔を見て、を計る時間すらなくなってしまいました。患部に触れて、落ち着いて脈そんな中で、どのようにライフスタイルを見直したらいいのかを上手に指示してもらうには、歯医者をうまく使いこなす「患者学」が必要になります。医者患者学については、後半の通院編でお話ししていこうとおもいます。歯周病治療は。