Press "Enter" to skip to content

歯を削ることを削合と言いますが

歯垢がつきやすくなるのです

歯や歯肉の表面だけを精密に型取りしてもいい部分入れ歯は出来ません。歯は動きます。歯周病ではなおさらです。歯肉は軟らかく、弾力がありますそこに硬い入れ歯が入ってモノを噛む事を想定した型取りの仕方が必要になります。それも、個人個人やり方が変わります。私は、入れ歯の型とり用の材料の一部を自分で調合していますその人に合わせて硬さや流動性を調節して、組み合わせた使うようにしています今、流行のシリコーンラバー製の型とり材は、確かに精密なのですが、温度変化にものすごく敏感です。夏でも冬でも同じ使い方をしていては、季節によって入れ歯の出来が変わってしまいます。入れ歯に夏物も冬物もありませんよね。型取りにはその他いろいろな注意点がありますが、これ以上は専門的になり過ぎるのでこの辺にしておきます。

そして、出来上がった歯型には、すぐに石膏を注いで、模型を作りますこの時にも、問題が山盛りなのです。石膏は、決められた割合の水と混ぜ、練り込んで模型を作ります。そして、固まるまで数十分を、型とり材によって変えなければいけません。水の温度や治療室の湿度と気温、石膏をの重さを量る器具や練り込む機械などにも注意をしないと入れ歯作りの第一歩のところで、既にネジ曲がった入れ歯しか出来ない状況になります。このあたりの配慮をしっかりしているかどうかでも結果が大きく変わります。今では、技工室のない歯科医院が増えています。上に書いた、石膏を注ぐスペースさえあれば、後は技工士さんまかせなので問題無し、と考えている様なのですこんな姿勢では、その後の技工のステップでどんな注意が必要なのかなんてわかるはずもありませんよね。身体の不調を訴える患者様の共通点。

歯らしい透明感が再現しにくい


歯科の研究の歴史は

歯周病治療ではもちろんですが、ムシ歯治療でも、歯並びの治療でも、また噛み合わせ治療でも数々の検査や記録をとります。そして、治療の進行状態を見て、良くなっているかどうかを確認するために検査記録を活用します。写真を沢山撮る。撮影する時に痛くない。手際よく短い時間で撮ってくれる長くても11分以内。撮ったら必ず見せてくれる。年代別、男女別の目標健康歯肉を見せてくれる。歯肉の治り方を教えてくれる。他のケースと比較してくれる。重要な部分はプリントアウトしてくれる。などがあげられます。そして、一度歯肉の見方を覚えてしまえば、簡単に自己診断出来るようになります何せ見るだけですから、鏡に映してみればいいのです。

歯口清掃指導の手引きには適当な形や大きさを知りたいのです

どんな高額で高性能な検査機械よりも、基本となる技術、知識のレベルが確かであることが医療機関選びでは大切ですいくら機械が高性能でも「フェラーリに乗った若葉マークドライバー」では、まともに走れないでしょうし、せっかくのマシーンも宝の持ち腐れでしょう。治療はゴールを知ってから。前章で、歯周病治療の最大の敵ともいえる歯磨き粉の問題点についてお話ししました。そして、本章では、皆さん以外と知らないカラー写真の効果について、最初にお話ししました。ここから先は、実際に治療にはいる前に是非知っておいてほしい事をお話しします。ムシ歯でも歯槽膿漏でも、歯医者さんで治療を受けるときに、治療方法や注意点の説明をしてもらいますよね。でも、治療のゴールはどういうところか?について説明してもらった事はあります力?


日本人の世代間での歯や

歯がすり減るとライオンの

予約をする時点でもう面倒くさい。希望の時間に予約が取れない。待ち時間がもったいない。行きたくなくてつい予約をキャンセルする言い訳を探してしまうー、そんなことはありません力?一度通いはじめたらいつ終わるのかわからないという不安。それは歯医者さんと信頼関係を築くことで解決できます。どの歯医者さんへ行くかという大きな悩みはに書いてありますので。そちらをご参考にしていただければと思います。信頼関係を築くにはわからないことはそのままにしない。気になることは質問をするということが基本です。そして自分から正直に打ち明けることができるかどうかです。安心できる歯医者さんと長く付き合っていくには治療方針、費用はもちろんのこと予約の変更などちょっとでも気になったことは質問をすることで解決できます。

本当に美しい歯並び


歯に補綴物を入れるために対合の健全な

診療室では緊張してしまって先生に質問がしにくいという人は他のスタッフに聞くのもいいですし受付などで「先生に聞いておきたいことがあるんですが」と先に一言伝えておくとスムーズです。結婚式や旅行などどぅしてもこの日までに前歯を治しておきたい、2週間は仕事が忙しくて通院できないというような用事はあらかじめ伝えておいたほうがベストです。直前に聞いても対処できない場合があるからですあらかじめ知っていれば何本か治療が必要なところも順序を入れ替えて使い勝手がいいように工夫をして治療することも可能です。バツの悪いことを打ち明ける勇気も大切です「歯みがきは何回していますか?出血はありますか?」と聞かれて本当は1回しか磨かないのにっ回磨いています。痛みはないです。

  • 歯医者ツライんです
  • 歯や口腔内の悩みを紹介してきましたが
  • 歯周病も怖わかった砂糖だろう!