Press "Enter" to skip to content

歯は形が大きく溝も深く

私は痛みには耐えられますが歯科麻酔をすると

おそらく健康寿命が長くなっているそこに「歯の健康」は深く関わって「機能性タンパク」と「構造性タンパク」病気と身体の「力比べ」に勝つもう一つの方法は身体の抵抗力、つまり「免疫力を強くすることだったり、身体の組織そのものを丈夫にすることだったリですね。それを実現するには多くの栄養素、特に「タンパク質」が深く関係してきます。そしてそのタンパク質を作り出すには多くのアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養素が充分補給され、スムーズに機能していることが必要になります。タンパク質は色々な種類のアミノ酸がつながって出来ています。そのアミノ酸は食べ物から摂取したり、身体の中で作り出したりします。アミノ酸を作り出したり、決まった順序でスピーディにつなげていくためには「酵素」という潤滑剤が必要です。

歯磨き粉に対しては

「酵素」がうまく働くためにはビタミンやミネラルが欠かせません。「免疫力」そうして出来たタンパク質を材料にして「免疫グロブリン」をするタンパク質をまとめて「機能性タンパク」とし、います。というものが出来ます。を高くするためには是非必要なものの一つです。このように身体の中で色々な作用またタンパク質は、体の構造を作るうえでもとても大事です。そういうタンパクをまとめて「構造タンパク」といいます。その代表的なものがコラーゲンです。コラーゲンは身体のあらゆる場所に含まれますが、歯肉のタンパク質の約6割がコラーゲンと言われていますし、歯を支える骨歯槽骨の基質鉄筋コンクリートの「鉄筋にあたりますとしてとても大事なものです。

 

まずは歯についてのあれこれ

もっと言えば、100年前と同じ様な生活をしている部族は歯に虫歯もないし、歯周病もないし、歯並びは綺麗なのです歯の病気はいつ始まる昔の人は歯を磨きませんでした。今の人は歯を磨きます。でも、今の人の方が虫歯や歯周病で苦しんでいます。人類の歴史よりも前はどうだったのでしょうか。人類の前は猿だったのでしょうか。動物園に行くといる猿です。猿ではないですね。現代の猿とは違う猿みたいなものだったのですね彼らに虫歯はありましたか?彼らに歯周病はありましたか?彼らに歯並びの悪い状態がありましたか?彼らは歯の病気は持っていませんでしたね今の動物はどうでしょうか。野生の動物は、ヒト以前の動物と同じで、歯の病気はないですねヒトに飼われている動物たちってどうだと思いますか?犬も猫も、虫歯と歯周病で苦しんでいますね。
若い頃に上の奥歯を

歯科治療の技術だけでは

野生でない動物たちは可哀想ですねなぜ彼らが病気になったか考えてみましょうね歯の病気を作ろうとした人たちもう何十年も前になりますがイエテボリというスウェーデンの港町に歯周病の学者がいました。彼らは、歯周病の研究のために、実験的に歯周病を作ろうとしました。ビーグル犬を歯周病にして研究しようとしたのです。犬を歯周病にするのは大変です。当時の大学で買う犬は歯周病ではなかったのです。歯周病の犬は売ってなかったのです。学者の先生は、歯周病の犬を売ってないなら歯周病を作ろうとしました。どのようにしたら歯周病になるのでしょうか。

歯磨き粉をやめる為には歯を揺らさない工夫

同じ値段のものでも好みが分かれるところなのでお気に入りを見つけてみてください。必ずしも高いものイコール良いものというわけでもありません。歯医者さんにしか置いていない「歯科医院専用」という歯ブラシでも安くて使いやすいものがあります。意外と知られていませんが、歯医者さんに歯ブラシだけ買いに行ってもいいんです。初めての歯医者さんなら歯ブラシのついでに雰囲気をリサーチすることもできますしそこは気軽に行ってみてください。もし使ってみて合わないものがあれば無理して使わずにお掃除などで無駄なく活用してください。歯ブラシは消耗品です。日2~3回磨く人ならだいたい1ヶ月を目安に交換してください。

歯科医師が役割別に在籍しています

交換のタイミングで正しい力加減で磨けているかもチェックしましょう。使い始めて1ヶ月くらいで状態をみますブラシの部分を背中プラスチックの部分を正面から見ます。背中からブラシの毛先の部分が左右に広がっているようなら正しい力加減で磨けていますもしも2週間くらいで早めに毛先が広がるようなら力加減が強いという目安になります。歯ブラシは一度ふつうの硬さを使うと決めたらずっと同じものを使い続ける必要はありません。交換の時に見直すことがオススメです。ちょっと今回は体調を崩して歯ぐきが腫れているから柔らかめのものを使ってみよう。