Press "Enter" to skip to content

歯はきれいなのに奥歯は次々に虫

歯石除去デンタルフロスフッ素塗布を行ってもらえます

·固い食べ物を咬むと歯がグラグラして咬めない、痛くて咬めない、咬みたくない。·運動中に口の周り等に接触すると唇の内側が装置で簡単に切れてしまう。以上の経験は私が実際にワイヤー矯正治療中に体験しました。③矯正装置自体が痛くない設計だから痛くない今でも覚えているのはお正月のお餅を食べた時に矯正装置にお餅が引っかかり上顎の全ての装置が元旦に外れました。ワイヤーが飛び出して唇に刺さっていましたがお正月が明けるまでクリニックが開いていないのでそのままでした。今でも鮮明に覚えています。マウスピース矯正で現在矯正治療を行っている私は上記の内容の痛みは全くありません。

歯に使う材料の性質を熟知してその上で

開始直後にマウスピースのふちの部分を舌でなめ続けて舌がすれただけです。口内炎も出来ましたが以前の比ではありません。すぐに治りました。装置そのものがとんがっていないからです。また装置が「外れる」心配もありません。インビザラインシステムでは後述しますがアタッチメントやフック、ボタンを一部の歯に着ける時があります。しかしその装置が外れても口に内側にワイヤーが刺さるような事にはなりません。むしろ外れている事がわからないくらいです。インビザライン矯正中のお食事も驚きました。全ての食べ物が「普通に」咬めるのです。

 

歯科医院を舞台に例えれば

そのため、「まあ、いっか」で、直ぐにナンチャッテブラッシングに戻ってしまいます。手に歯磨き粉をやめる為には、本当のサッパリ感を味わってみる必要があるのです。ブラッシングだけで本当にサッパリ出来るの?とよく聞かれます。では、どうすればサッパリ出来るのでしょうか?と逆に質問します。歯科医師に同じ質問をしても、答えられるヒトはごく少数です。本当のサッパリ感を知らない歯科医師が、歯周病治療を実施しているのが我が国の実態と言ってもいいでしょう。もちろん、サッパリすれば歯周病が治る訳ではありませんが、少なくとも、細菌を減らし、血液循環が良くなり、歯肉の引き締まりが起ってこないとサッパリ感は感じられないものです。
歯ぐきの形に変わってしまいます歯みがきができていても

歯科医院に行ってしまうのです

一度、この感覚を体験することが出来れば、歯磨き粉は要らないものだと言う事がわかります。ただし、残念ながらこれは皆さんが自分の判断だけでトレーニング出来る事ではありません。歯肉の事、歯周病治療のことをよく理解している歯科医院で、歯科医師によって、丁寧にかつ徹底的に細菌除去をしてもらう事から始める必要があるのです。「そんな事言ったって、どこでやってもらえばいいんだよ」とお思いでしょう。この辺りについては、これから後の章で解き明かして行くつもりです。

歯を削られてしまうということが非常によくあります

原因の細菌やウィルスが死滅すること。こと。色々表現があると思います。弱ってしまった体の機能が回復するでは、医療のゴールは何でしょうか?私は、医療のゴールは「健康」であると考えています。健康ってどういうこと?深く考えたことがある人は少ないと思いますとたずねると一番多い答えが私も、後輩の歯科医師に「健康ってどういうことですか?」じゃないこと」というものです。「病気これって何かおかしいと思いませんか?「健康とは、病気じゃない状態」同じではないでしょうか。というのは「犬はサルとは違う生き物である」と行っているのとちょっと堅苦しい話しになりますが、健康の定義について考えてみましょう。WHO世界保健機関では健康を次の様に定義づけています。

骨粗鬆症こつそしょうしょうに関与

Healthisastateofcompletephysical、mentalandsocialwell-beingandnotmerelytheabsenceofdiseaseorinfirmity.」和訳すると「健康とは完全な肉体的、精神的ならびに社会的良好な存在状態であって、ないことではないということになります。単に病や弱さの存在しそして一九九八年にはHealthisadynamicstateofcompletephysical、mental、spiritualandsocialwell-beingandnotmerelytheabsenceofdiseaseorinfirmity.」のように、下線部分を追加する提案がされています。「治る」といことは、単に体の中の、歯や心臓、肝臓といった痛んだパーツが回復するということではありません。各パーツが各々の正常値に治まって、それらを寄せ集めただけでは健康にはならないのです。大きな手術の報道などでよく「手術は成功しました。しかし、患者さんは命を長らえることが出来ませんでした。」という言葉を聞くことがあります。クルマでも、「壊れたパーツの修理は完璧です。