Press "Enter" to skip to content

歯の残っている時期にすでに前歯が凸凹です

歯科医院がほとんど変化していなければ

こんな人には「本当にチャーミングですよね」という言葉が自然と出てきます。歯で人付き合いが変わる→本当の友達がいない目立つところに治療していない虫歯があったり、明らかにたくさんの歯石が着いていたり、タバコのヤニがべったり着いていたり。もし大切な人がこんな状態の時、相手のことを思って指摘できますか?それとも見て見ぬふりをしますか?どんな家族、友達とお付き合いしているのかがここでわかります。人付き合いの深さがわかるのです。表面上のお付き合いだけの人にはもちろん指摘しづらいところですよね相手は気にしていて言われたくないことかもしれません。

笑気がおいてある歯科医院には

指摘して気まず関係になるくらいなら黙ってやり過ごした方が楽だし。特に歯のことはデリケートなだけに本当に迷います。でも自分が嫌われるリスクをかってでも本心から指摘してくれる人は信用できる人なのです。それを言われた相手は素直に受け取れるかどうかです「言ってくれてありがとう。実は気にしていたの。どうしたらいいか相談に乗ってくれる?」という答えなのかそれとも「そうなの?全然気にしていないけどなのか。本人が気にならないという場合は自己管理ができていない場合がほとんどなのでお口のことへの関心が高いあなたとはその関係はだんだんと疎遠になっていくかもしれません。

 

歯科医師よりも上手くて

「なんとなくゴシゴシしておしまいではなく、すべての歯の汚れをしっかり落とすつもりでみがきましょう。もちろん「痛くない」の継続もお忘れなく。:みがく順番は毎回同じにすること!自分の歯をみがくときもそうですが、必ずスタート地点と終了地点を決めて、順番を守ってみがいていきましょう。おすすめのルートは「下の歯の表側下の歯の裏側!上の歯の表側1上の歯の裏側奥歯のかみ合わせ面」。決めておくと、みがき残しがありません。前歯みがきのポイント。じょうしんしょうたいEの前歯を磨くとき、年齢が小さな赤ちゃんほど、上くちびるの裏にある上唇小帯がじゃまをします。ほとんどの赤ちゃんが、上のまん中の前歯の歯と歯の間まで上唇小帯が入り込んでいるのです。
歯並びを治すといってもいろいろあります

歯間ブラシやフロスを

上唇小帯を反対側の指でガードしてあげれば、前歯みがきで痛がることはありません。歯ブラシは、歯の表面に直角に当てます。歯の根元はらせんを描くようにコチョコチョ。歯の表面はプルブルとこきざみに震わせてみがきます。歯と歯ぐきの境目や、隣の歯との隣接部をとくに念入りにみがきましょう。人生を楽しむひとは、歯科を味方にしているあなたは歯科に通ったことがあるでしょうか?たぶん、多くの方が「あるよ」とお答えになると思います。歯医者が好きな方は、残念ながらめったにいません。きっとあなたもそうですよね。それでも通った理由は何でしたか?「痛かったから」という方が、やはりいちばん多いのではないでしょうか。

歯でかむなどの舌癖のある子

患者さんはもちろん、歯科関係者でさえも「歯科と栄養」に積極的に関わろうという人はごく最近まで少なかったと思います。「患者さんがわかりやすく、実行しやすい栄養へのアプローチ方法はないものか」と思い情報を集めてみると、実に様々な手法や健康食品などがあふれている状態。しかしそのどれもが「なんとなく良さそうだが、それが本当にその方にとって良い方法なのだろうか?」という疑問をどうしても感じるものでした。実際にいくつか試してみたものの、どうもスッキリと割り切れない思いが強く長続きしませんでした。「オーダーメイドの栄養学」との出会い「さあどうしたものか」と思っていたところに出会ったのが「オーソモレキュラー分子整合栄養医学」でした。

歯の黄ばみが気になるからではないかと考えています

詳しくはこれからお話ししますが、臨床症状や血液検査データからその方に本当に必要な栄養素をわり出す「オーダーメイドの栄養療法」です。その方法はしっかりとした理論的裏付けを持っていることが確認できましたし、効果を自分でも実感できました。また来院者の皆様にも自信をもって指導出来るシステムが確立しているものでした。それまで取り組んでうまくいかなかった栄養へのアプローチはそれぞれの栄養状態の違いを考えない、万人向けの「レディメイド、既製品」だったということでしょう。摂取した栄養素の種類と量が、たまたまその方に合っていれば効果が出た、ということですね。たとえ話でご説明しますね。