Press "Enter" to skip to content

歯で噛むようにします

歯周病の予防のための矯正治療が行えるのです

今は科学的根拠ははっきりしていませんが噛み合わせを整えることで活躍しているアスリートは増えてきています。例えば、スケート選手の清水宏保選手はマウスピースを着けて成績が伸びた選手です競馬の武豊選手もレース前には噛み合わせのチェックをしているという話を聞いたことがあります。マウスピースはナイトガード、マウスガードという呼び方もあります。これは素材、作り方、厚みなどで多少の意味合いが変わるためです。よくボクシング、アメリカンフットボールの選手が使っていますが最近は様々な分野でアスリートが使っているのをテレビでも見かけるようになりました。

一番の目的はスポーツによる外傷を防ぐためです最近ではずれた噛み合わせを正常な状態に戻したり、噛み合わせの高さを変えて噛み応えを強くすることで脳の一部を活性化させるというようなことも言われ始めています。アスリートだけではなくミュージシャン、料理人、政治の世界、どの世界でも「プロ」と呼ばれる人はお口のことへの関心が高いのです。それは歯を整えることが成功の秘訣だとわかっているからですプロ意識が高ければ高いほど虫歯、歯周病のケアは欠かさないという人が多いものです。尊敬するアスリート、気になる女優さんなどの口元に注目してみるのも面白いと思います。特に第一線で長期的にご活躍の方々はいいお手本になると思います。

歯の中心がまっすぐにそろっていること


歯の数が多い場合です

無理やり納得のいかない治療を受けつづけなければいけないということもありません。引き返す勇気、立ち止まる勇気もあるということが頭の片隅に入っているだけで困った時の選択肢が増えます。いざという時には止められる、変更できると思うとほんの少し肩の荷が降りますね。年後の未来予想図。孤独、孤立年後の自分が想像できますか?だんだんと年齢を重ねるとつい悲観的になりがちですがそんなことはありません。人間の身体は本来100歳まで元気に生きられるように作られているという話を聞いたことがあります。もちろん持って生まれた体質的なものもあると思います。

歯医者に行きづらくなって結果歯医者の仕事だと考えますが

ただ、日頃の食生活や生活習慣で自分の身体のクセを知ることである程度はカバーできるはずです。気をかけながら大切にしていくとその分だけ身体も応えてくれる。それを今、自分自身で実践中です。どんな未来でもそれは健康な体があってこそ成り立つはずです。想像してみてください。念願だった海外旅行、憧れのレストランでのディナー、あなたのやりたいことが叶うその瞬間に、体のどこかが痛かったり不調を抱えていてその時間は充実していると言えますか?年後、病院の待合室で長時間過ごすのとお気に入りの場所で充実した時間を過ごすのとではど。


歯ブラシでも落となくなります

歯周病と関係が深いものの一つにタバコがあります

子供の場合は「音」に対する恐怖心が強いので、なるべく音のしないものよ使うようにこころがけています。子供が嫌がるのは、削る機械の音と、水や唾液を吸い取るバキュームの音。削る機械をみせて「飛行機の嗜がするよ.Jといい、バキュームを見せて「水が出るから.この掃除機で吸うよ。」と説明しています。もし、あなたのお子さんが音を嫌がるようでしたら飛行機と掃除機を例えにして説明してあげてください。なぜ、あの削る音がダメなんでしょう?あの音は歯を削るバーと呼ばれる部分を空気で回転させる時に出る音で怖いものではないのですが。結局、むかし歯を削った時の痛い思。

歯科医院はありませんが


歯周病の人はいなくなってもいいはず

いをしたのが、音への恐怖となってあらわれるのでしょう。パブロフの犬状態ですね。ですから今度、音の無い機械で削っても、その機械で痛い思いをすれば、また何らかの症状が出ることになるでしょう。痛くない治療を受けながら序々に恐怖心を取り除くのがセオリーだと思います。入れ歯がイヤ。入れ歯を使うのは、ある程度年齢を重ねてからの人が多いと思われます。痛いからイヤ。あなたが現在、入れ歯の使用中、または、これから使おうと思っていて「痛い」と感じているなら先ず歯医者に相談する事をおすすめします。

  • 歯がすぐ欠けてしまったり
  • 歯ブラシでも充分に落とせるやわらかいものです
  • 歯の根っこの先で神経を切断しているのですから