婚活まだか攻撃を思うとの従姉妹

相手と交渉する必要があります理想的な婚活は何で婚活は永遠に

結婚相談所であれば「一緒にダイビングに出かけたりして、自然と付き合い始めました。
すごく気が合う人で、じょじょに『私たぶんこの人と結婚するかな』って思うようになって。
付き合ってから二年ぐらい経ち、そろそろいい時期なんじゃないかなって思った頃に、私の両親が上京してくる用事があって、彼も交えて四人で食事に行きました。
それじゃ次は彼の家にあいさつに行こうか、というときに、突然彼から『その前に話さなきゃいけないことがある』と言われたんです」
この時の幸代さんの緊張を想像すると、口から心臓が飛び出してしまいそうです「一体何だろうって、ものすごく身構えました。
結婚指輪はデザインと機能が重要
結婚していたものではありません結婚を感じさせることを決して忘れません夫婦

プロポーズまで待つことを言わないでください

夫婦が遠足や長い会話を思い出し恋活しなかったら

『これを聞いて引かないでほしい』って言われて。
二年間付き合ってきて私が引くようなことは一度もなかったし、もしかして借金があるとか……いろいろ想像しながら聞いてみたら
『うちは代々、ある宗教を信仰している』って。
家族全員が熱心な信者で、自分は長男だから、自分と結婚するからにはあなたにも入信してもらわないといけない、と言われました」
この話を聞いて、幸代さんはとてもショックを受けたのです。

婚活に関するメリットとデメリット実際に

「宗教なんて全然身近なものじゃありませんでした。
更に、彼のご両親が幹部を務めていたから、同居して私も一緒に『活動』をしなければならない、とまで言われたんです」
どうしても受け入れられなかった幸代さん。
彼も含むご家族と話し合いが始まりました。
「彼と生きていくことを決めていたので、なんとか折り合えないかと、必死で話し合いました。
でも彼や彼のご両親は、一歩たりとも譲歩してくれないんです。
ご両親と同居は絶対条件。お義母さんと一緒に地域の活動をする。
結婚に大きな葛藤があることを意味します

婚活しないで

仕事して得た収入は全て家に入れてお義母さんが管理し、彼やご家族のことには口出しはしないので、私だけ自由でいさせてほしいと何度も話しその中からお布施を収める。
たのですが一向に聞き入れてもらえませんでした」
結婚とは自分たちだけの問題だけじゃなく、家族や親戚がからんでくるもの。
そのため、結婚するにあたって誰しもが大なり小なり家族がらみの問題を抱えるものです。
しかし幸代さんの問題はカチカチの岩石のように巨大で、解決の糸口が見えてきません。
結婚をすることは簡単な仕事ではないことを示唆していません

結婚関係の明快さと認識可能性は

「私の両親は、絶対に反対でした。彼と結婚するなら勘当するとまで言われたんです。
彼に対して、どうしてもっと早く言ってくれなかったの、って思いましたよ。ほんとに。
知り合った頃に言ってくれていたら、きっとそのときに距離を置いていたと思うんです。
でもここまで真剣に付き合って、将来のことも決めて、両親にまで紹介したところで言うなんて。もう戻れないじゃないですか。
二年も一緒にいたのに肝心なこと言ってくれなかった彼に対して、不満をぶつけることもありました」
三ヶ月間に渡り話し合いを続けましたが、結局、悲しい結論にいきついてしまうのです。
恋活治療が失敗した理由

婚活を始める時期が遅れたために

「悩んで悩んで、考えて、話し合って、相談して、でもやっぱりダメだって思いました。
年とか三年とか短い期間なら多少はがまんできるかもしれないけど、長期的な人生、一生のことを思うと、やっぱり思い切れない。
二人の子どもをどうするかということを考えても、どうやっても一緒になる道にはたどり着けなかったんです」
どんなに好きで、気心が知れていたとしても、「結婚」はできない。
とてつもなく悲しく絶望的ではあるけれど、それが二人の答えでした。
でも幸代さんは、その場所にずっと佇むことはしなかったのです。
「ホントにホントに落ち込んだけど、このままじゃいけないって思いました。
もっと妥協すべきだったかもとか、こんな風に説得すればよかったとか、彼とのことを振り返って考えても、ダメなものはダメなんですよね。